ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 上越市の文化財 > 銅造如来立像

銅造如来立像

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年6月23日更新

銅造如来立像(画像)

  • 名称:銅造如来立像
  • (名称ふりがな)どうぞうにょらいりゅうぞう
  • 指定:市指定文化財
  • 指定年月日:平成19年6月1日
  • 種別:彫刻
  • 地域:安塚区
  • 所在地:上越市安塚区安塚
  • 所有者等:個人

徴証・伝来

 この像は、像高4.7センチの青銅製で、台座を含めて一鋳で造られています。右手を上げて手の平を前に向ける施無畏印(せむいいん)を結び、左手に薬壺をのせているので薬師如来と考えられます。像の頭や顔は大きめで衣文(えもん)の縦の線ははっきりとしています。丸顔ののどかな表情は、おおらかさもあり、また厳しさも兼ねているようです。鎌倉時代末期から南北朝時代の制作で、約200年前、直峰城跡から発見されたといわれています。

 昭和56年1月10日に旧安塚町の文化財に、平成19年6月1日に上越市文化財に指定されています。

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ