トップページ > 上越市の文化財 > 菅原古墳群第1号墳 附 同第16号墳移転復元石室1基

菅原古墳群第1号墳 附 同第16号墳移転復元石室1基

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月17日更新

菅原古墳群第1号墳 附 同第16号墳移転復元石室1基(画像)
(市指定、史跡)

  • 名称:菅原古墳群第1号墳 附 同第16号墳移転復元石室1基
  • (名称ふりがな)スガワラコフングンダイ1ゴウフン ツケタリ ドウダイ16ゴウフン イテンフクゲンセキシツ1キ
  • 地区:清里区

微証・伝来

菅原古墳群は、6世紀頃に築かれた前方後円墳1基と円墳の古墳群と推定されています。開墾・開発などで破壊されたものも多いです。1号墳は現在残るものの中で最大のものです。墳丘部には杉が植林され、封土はほとんど失われて天井石と見られる石が一部露出しています。