ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 上越市の文化財 > 木造男神坐像、木造女神坐像

木造男神坐像、木造女神坐像

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

木造男神坐像(画像)木造女神坐像(画像)
(県指定、彫刻)

  • 名称:木造男神坐像、木造女神坐像
  • (名称ふりがな)モクゾウダンシンザゾウ、モクゾウジョシンザゾウ
  • 地区:牧区

微証・伝来

男神像は宝髪を結び、天冠台をいただく菩薩形で衲衣を両肩にかけ拱手して座る姿です。女神像は振分髪に大神の衣と裳をつけ合掌して座る姿です。

目は細くひらき小鼻がしまり、口を小さくむすぶ顔つきは親しみのある童顔です。衣丈の彫りもおだやかで、その中にも自然のおもむきがあります。ヒノキ材漆箔の彫刻像で鎌倉初期の仏師によって作られたと推測されます。

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ