ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


小林古径記念美術館のご案内

次回企画展「永青文庫所蔵 近代日本画名品展」(10月2日~11月23日)

永青文庫展チラシ(画像)

「永青文庫所蔵 近代日本画名品展」チラシ [PDFファイル/4.85MB]

「永青文庫所蔵 近代日本画名品展」作品リスト [PDFファイル/886KB]

永青文庫所蔵の日本画コレクションの中から古径の代表作である「髪」(重要文化財)や「孔雀」をはじめ、横山大観や下村観山、鏑木清方など近代日本画壇を代表する作家の作品を展示し、近代日本画の名品を紹介するとともに、古径の画業を支えた細川護立との関係を紹介します。あわせて、細川家がかつて所有していた赤倉温泉の別荘の資料を展示し、細川家と赤倉の関係も紹介します。

会期中、コンサートや記念講演会、親子向け和菓子作り講座など、様々なイベントを開催いたします。

くわしくは、「永青文庫所蔵 近代日本画名品展」のページをご覧ください。

会期

令和3年10月2日(土曜日)~11月23日(火曜日・祝日)

会期中大幅な展示替えを行います。

前期:10月2日(土曜日)~10月24日(日曜日)
後期:10月26日(火曜日)~11月23日(火曜日・祝日)

入館料

一般 700円(団体560円)/小学生・中学生・高校生 350円(団体280円)
幼児及び上越市内の小学生・中学生は無料

前期展(10月2日~10月24日)の半券提示で、後期展(10月26日~11月23日)に団体料金で入館できます。

(注)団体料金は20名以上
(注)年間入館券、市内施設の共通入館券も利用可能です。

入館料の減免について

以下の対象者は入館料が減免になります。

全額減免対象者

以下のいずれかに該当する者の引率者・付き添い・介助職員について、全額が減免されます。

  • 身体障害者福祉法に基づく身体障害者更生施設、その他の福祉法に基づく福祉施設及びこれらに類する施設の入・通所者が責任者に引率されて入館する場合。
  • 介護保険制度の要支援認定者・要介護認定者が、介護業務を目的とする法人事業者に引率されて入館する場合。

50パーセント減免対象者

  • 「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」をお持ちの方
  • 身体障害者手帳(1~3級)・療育手帳(A)をお持ちの方はその介助者1名についても同様の減免が適用されます。
  • 「Jネット会員証」提示者