ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 上越市の文化財 > 旧直江津銀行 附金庫1基

旧直江津銀行 附金庫1基

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月13日更新

旧直江津銀行 外観(写真) 旧直江津銀行 内観(写真) 旧直江津銀行 金庫(写真)

(市指定、建造物)

  • 名称:旧直江津銀行 附金庫1基
  • (名称ふりがな)キュウナオエツギンコウ ツケタリキンコ1キ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

 直江津銀行は、明治28年(1895年)に直江津積塵銀行として発足し、明治33年(1900年)に直江津銀行に改称されました。大正4年(1915年)に直江津銀行が解散したのち「直江津の石炭王」と呼ばれた高橋達太が取得、大正9年(1920年)に現在地へ移築され、高橋回漕店の社屋として使用されました。

 明治以降に全国の主要都市で建てられた擬洋風建築として、上越市で最も古い建物であり、こうした特徴は明治40年(1907年)の外観写真から変化していません。また、火災の多かった直江津に特徴的な土蔵造であり、直江津の伝統技術を受け継ぐとともに、欧米建築の要素を摂取した、港町・直江津の近代の発展を表す建築です。

関連リンク

ライオン像のある館(旧直江津銀行)(上越観光Navi 外部リンク)

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ