ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上越市立歴史博物館 > 逸品展示 新収蔵品展

逸品展示 新収蔵品展

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月2日更新

逸品展示「新収蔵品展」

昭和10年の観桜会ポスター(画像) 昭和10年の観桜会ポスター(上越市立歴史博物館所蔵)

上越市立高田図書館は、その長い歴史のなかで地域の歴史資料を収集する役割も担ってきました。歴史博物館の前身の総合博物館ができる以前のことです。

伊達政宗や堀秀治の書状、明治天皇が座った椅子、そして昭和初期の観桜会ポスター。

この度、上越市立高田図書館から当館へ引き継がれた資料を中心に新収蔵資料を紹介します。

会期

 令和3年4月1日(木曜日)から6月13日(日曜日)まで

開館時間

 午前9時から午後5時

 (注)観桜会期間中(4月1日(木曜日)から4月15日(木曜日)までは、午後7時まで延長開館

 (注)入館は閉館時間の30分前まで

休館日

 月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日

 (注)観桜会・ゴールデンウィーク期間中は無休

 (注)新型コロナウイルス感染症の状況により、臨時休館となる場合があります。 

入館料

区分 個人 団体
一般 510円 410円
小学生・中学生・高校生 260円 210円
  1. 団体料金は20名以上の場合、1名についての料金です。
  2. 幼児および市内の学校に通う小学生・中学生は無料。
  3. 本料金で常設展示「越後の都」もご覧いただけます。
  4. 高田城三重櫓や市内歴史・文化施設を巡るお得な共通入館券もございます。詳細は、ご利用案内のページをご覧ください。