ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上越市立歴史博物館 > 企画展1 日本スキー発祥110年記念「レルヒ少佐と高田の友人たち」

企画展1 日本スキー発祥110年記念「レルヒ少佐と高田の友人たち」

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

企画展1 日本スキー発祥110年記念「レルヒ少佐と高田の友人たち」

妙高山惣滝不動前のレルヒと岡倉一雄(画像) 妙高山惣滝不動前のレルヒと岡倉一雄(岡倉天心長男)

明治44年(1911年)1月12日、オーストリア・ハンガリー帝国の軍人レルヒ少佐による日本で初めての本格的なスキー指導が行われ、スキーは上越から全国へ広がっていきました。

レルヒの滞在はわずか1年余りでしたが、軍人だけでなく一般市民とも交流を深めました。

本展では、日本スキー発祥110年を記念し、レルヒと高田の友人たち(画家・新聞記者など)との交流の様子から、スキー指導にとどまらないレルヒの側面を紹介します。

会期

 令和3年7月10日(土曜日)から9月5日(日曜日)まで 

開館時間

 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

 月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日

 (注)観蓮会期間中は無休

 (注)新型コロナウイルス感染症の状況により、臨時休館となる場合があります。 

入館料

区分 個人 団体
一般 510円 410円
小学生・中学生・高校生 260円 210円
  1. 団体料金は20名以上の場合、1名についての料金です。
  2. 幼児および市内の学校に通う小学生・中学生は無料。
  3. 本料金で常設展示「越後の都」もご覧いただけます。
  4. 高田城三重櫓や市内歴史・文化施設を巡るお得な共通入館券もございます。詳細は、ご利用案内のページをご覧ください。