トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > 家庭ごみの出し方全般(分別ガイド・カレンダーなど)

家庭ごみの出し方全般(分別ガイド・カレンダーなど)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月27日更新

家庭ごみの出し方

ごみ減量とリサイクルのイメージキャラクター

平成20年4月から「家庭ごみの有料化」を実施しています。

  • 有料化の対象品目は「燃やせるごみ」「生ごみ」「燃やせないごみ」の3品目で、「指定袋」や「指定シール」を使用して、町内で決められた集積所、決められた時間までにごみを出してください。なお、ごみの収集は、午前8時30分から午後5時の間で行いますが、天候や交通状況により遅れる場合があります。町内会のルールがある場合はそれに従ってください。
  • 資源物(缶・びん・ペットボトル、新聞紙・雑誌類・段ボール、乾電池、蛍光灯、紙製容器包装、プラスチック製容器包装、廃食用油) は指定袋や指定シールはありません。

ごみの減量と環境問題解決のためにできること

令和2年7月1日から全国一律でレジ袋の有料化がスタートします。

買い物をするときにマイバッグを持参することで、レジ袋の使用量を減らすことができ、環境問題解決の一歩となります。
ごみの減量のため、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

買い物にはマイバッグを持参しましょう

レジ袋有料化2020年7月1日スタート(政府チラシ) [PDFファイル/284KB]

現在、海洋プラスチックによる海洋汚染が、世界全体で取組むことが急務となっています。2050年には海のプラスチックごみは魚の量を上回るとも予測され、北極や南極でもマイクロプラスチックが観測されたとの報告もあります。プラスチックは多くの利便性があり、レジ袋やペットボトル、使い捨ての食器、商品のパッケージなど様々な製品に使われていますが、そうしたプラスチックごみが正しく分別して出されずに道端に捨てられたり、屋外に放置されたりすると、雨や風によって河川に入り、海に流れ出てしまいます。海のプラスチックのほとんどは陸からのプラスチックごみです。
私たちにできることは、ごみの適切な回収・処分、代替素材の開発・転換等へのイノベーションもさることながら、(マイバックを持参してレジ袋を減らす)リデュース、(シャンプーや洗剤は詰め替えを使い、ボトルを再使用する)リユース、(プラスチックを分別回収し、原料として再利用する)リサイクルの3Rを進め、プラスチックを有効に賢く利用することから海のプラスチックごみを減らすことができることであり、こうした取組を一層進めていく必要があると考えています。

海洋プラスチックごみについて(環境省作成) [PDFファイル/3.41MB]

国内の取組事例(プラスチック・スマート)(外部リンク)

食品ロスの減に取り組みましょう。

食品ロスとは、本来食べられるにも関わらず捨てられてしまう食べ物のことです。一人ひとりの心がけで、食品ロスは削減できます。まずは、身近なことから食品ロスの削減に取り組みましょう。

食品ロスを減らしましょう

ごみ分別辞典

家庭ごみの不適正排出防止・減量化・ごみ排出時における確認手段の利便性の向上を目的として、ごみの出し方や分別方法を簡単に検索できる分別辞典サイトの提供を開始しました。
パソコンやスマートフォンでキーワード検索ができ、分別種別や分別方法を見ることができます。
ぜひ、ご活用ください。

上越市ごみ分別辞典(外部リンク)

家庭ごみの分け方出し方ガイド、ごみ収集日程、分別区分など

家庭ごみの分け方出し方ガイド表紙(画像)

容器包装(プラスチック製)を分別する際の注意点

容器包装(プラスチック製)を分別する際は、次の点に注意してください。

  1. プラマークがあるか確認してください。
    プラマークのイラスト
    それ自体がプラスチックでできた商品や製品、中身の商品と分離しても不要にならないものは、容器包装(プラスチック製)ではなく、燃やせるごみです。
    容器包装(プラスチック製)の対象となるものとならないものの主な例はこちら [PDFファイル/1.65MB]
  2. 必ず中身を使い切り、軽く水ですすぐか、ふき取るなどして汚れを取り除いてください。
  3. 手作業で異物の選別や除去作業をしているため、二重袋にせず、ごみは直接袋に入れてください。
  4. 電池、カミソリ、ライター、注射針などの危険な異物は、絶対に入れないでください。

分別収集した容器包装(プラスチック製)は、公益財団法人日本容器包装リサイクル協会を通じてリサイクルしています。

集積所へのごみの出し方

回収協力店に出すもの 

集積所以外の場所に持ち込む方法

市では収集しないものの処分方法 

自分でごみを処理施設へ運搬できない場合

注意が必要なもの・分別間違いが多いもの